インフルエンザの潜伏期間は何日?伝染るのか 予防接種の効果は?

インフルエンザ

インフルエンザは感染するんでしょうか?

予防接種の効果はあるのでしょうか?

今回はインフルエンザの予防接種の効果や潜伏期間の日数をご紹介します。

スポンサードリンク

インフルエンザの潜伏期間は何日?伝染るのか?潜伏期間とは

インフルエンザウイルスが体に入って、高熱などの初期症状が
出てくるまでの期間を潜伏期間といいますね。

インフルエンザウイルスって、初めに喉や鼻から入り、
気管や気管支に入ります。

そして、そこにある細胞に入り繁殖し始めます。
つまり、感染細胞ですね。

ウイルスが少量の場合は何の症状も出て来ませんので
インフルエンザの自覚症状はほとんどありません。

インフルエンザウイルスが感染細胞を始めると、
やがて細胞は死んでしまいます。

そして細胞が死んだ所で炎症が起こります。

炎症が起こると発熱や悪寒、関節痛などの色々な症状が出てきます。

インフルエンザの潜伏期間は何日?伝染るのか?

インフルエンザの潜伏期間は1日から4日くらいです。
人によっては、5日から7日くらいの人も。

怖いので、マスクをかけて予防したいですね!

潜伏期間中でもインフルエンザウイルスを持っている人からうつるんです。

潜伏期間中でもウイルスは増えていきますので感染する場合があります。

だから怖いのは自分でも知らないうちに、周りの人たちに
インフルエンザをうつしてしまっていたって事になるのです。

インフルエンザの感染力は初期症状がでる
1日前から発症後の5~7日くらいまであります。

一番大事なのは、インフルエンザにうつらない事もそうですが、
周りの人たちにうつさないことです。

ですから、体の調子が悪かったら無理に会社や学校に行かず、
病院で受診してください。

インフルエンザの潜伏期間は何日?伝染るのか?予防接種の効果は?

インフルエンザの潜伏期間中に予防接種をしてもいいのかどうか?
はい!大丈夫です。

熱が出ていなければ大丈夫ですよ。

よってインフルエンザの潜伏期間に予防接種をしたとしても
インフルエンザにはかかります。

しかし、インフルエンザウイルスって3種類もあるんですよ。
だから、他のウイルスにだったら後から効果があるかもしれませんね。

インフルエンザの潜伏期間は何日?伝染るのか?診断は?

初期症状の発熱があってかてから12~24時間くらい
経たないと診断をすることは難しいです。

初期症状が出てからでも1日経たないと診断は難しい為、
潜伏期間中にインフルエンザの診断はほとんどできません。

家族や職場の人がインフルエンザにかかっていたとしたら
インフルエンザにかかってたらどうしよう?と不安になりますよね。

でも不安だったら症状が出ていなくても、他の人の為に、
うつらないようにマスクをオススメします。

スポンサードリンク

そして風邪のような症状が出たらすぐに病院を受診するようにしてください。

インフルエンザの潜伏期間は何日?伝染るのか?かかりやすい人は?

実はインフルエンザにはかかりやすい人っているのです。

インフルエンザにかかりやすい人の特徴って、

免疫力が低い場合や、体が水分不足になってる場合や、
湿度の低い場所にいる場合です。

インフルエンザの潜伏期間は何日?伝染るのか?免疫力が低さ

免疫力の低さってお年寄りに多いのですが、
免疫力が低いとインフルエンザだけでなく様々な病気にかかりやすいのです。

そして、免疫力を低下させる一番の原因ってなんだと思います。
それはストレスです。

ストレスを感じると、体にもストレスを感じるんです。

体って敏感なんですね。ストレスを感じてしまうのです。

ストレスによって免疫力が低下すると、体の至る所に悪い影響を与えてしまうのです。

インフルエンザの潜伏期間は何日?伝染るのか?水分不足

人間は汗をかいたり体の水分を外に出し体温を調節していますよね。

寒ければ尿を出して体温の低下を防ぎ、暑ければ汗をかき体温の上昇を防ぐんです。

ただ冬の場合は体内の水分が減っても喉が渇ず、水分が不足している事が
実感なく排出する水分が足りなくなって体温調節が上手くできなくなるんです。

体の体温調節がうまくできないとウイルスに感染しやすくなります。

インフルエンザの潜伏期間は何日?伝染るのか?湿度の低さ

湿度が低い場所では、ウイルスが空気中を漂いやすくなるんです。

ウイルスを含んだほこりが空気中を漂いやすくなるのです。
また、鼻の粘膜が乾燥するとウイルスが体の中に入ってきやすいです。

ウイルスが多く入ってくると免疫システムが防ぎきれない為、感染しやすくなります。

空気を乾燥させず、加湿器を使って湿度の調節をお願いします。

まとめ


どんなに気を付けてもインフルエンザウイルスって目に見えないし、
インフルエンザウイルスが体の中に入ってしまうとインフルエンザにかかってしまいます。

予防をしてね。

予防はうがいや手洗いです。
ちょっとした事で防げるんだから面倒くさがらず励行する事。

そして、予防とともに免疫力をつけることも忘れずに。

それには生活習慣を改善する必要があるわ。

寝不足にならず、よく睡眠を取り、偏った食事にせず、バランスのとれた食事、

運動不足にならず、適度な運動を心がけてください。

生活習慣って大事ですよ。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました