インフルエンザ 潜伏期間 うつる?インフルエンザの発症と感染は!

インフルエンザ

子供のいる家庭ではどんな理由で感染するのがわからないのですが、たとえば食べたものからとか・・・

今回はインフルエンザ 潜伏期間 うつる?インフルエンザの発症と感染についてご紹介します。

スポンサードリンク

インフルエンザ 潜伏期間 うつる?発症と感染は!発症したり発症しない場合が

発症するまでの期間に症状も
現れない場合がありますから
インフルエンザの流行期間には
人ごみを避ける注意が必要です。

潜伏期間は、短くて大体1日から2日くらいです。

長くて4日から5日、人によっては
10日後に発症した方もあるようです。

あるいは、潜伏期間だけで発症までには
行かない時もあります。

インフルエンザ 潜伏期間 うつる?発症と感染は!うつる可能性が

潜伏期間は少ないだけでウイルスは口からの飛沫として空中を漂います。

発症しなくてもウイルスは体から
体外へ排出されますので感染のリスクはあります。

うつるとは保有するということで発症することではありません。

それはなぜ発症する方と発症しない方とそれぞれあるのかと言うと、
それは人によって免疫力が違うからです。

スポンサードリンク

また、発症すると咳が多く出ます。

だって感染していると知っていたら
そばに寄らないでしょうし。

インフルエンザ 潜伏期間 うつる?発症と感染は!子供の食べ残しを食べた場合は?

小さい子供がいらっしゃる家庭では、
子供が食べ残したものを捨てるのが

もったいないからと言って、
食べてしまいがちですよね!

この場合はうつる可能性がもちろんあります。

また、子供がいたテーブルの上やいすなど
子供が触った場所から感染する可能性もあります。

ただ、可能性は極めて少ないです。

まとめ


インフルエンザ 潜伏期間 でもうつるのかということですが、
実際は極めて可能性は低いという事です。

ただ、可能性がある限り、予防の意味で
マスクやうがい手洗いの励行を習慣化する必要はあるでしょう。

インフルエンザなんか跳ね返してやるという
くらいの強い気持ちを持ってください。

きっと、病気の方で逃げて行ってしまいますよ。(*^-^)ニコ

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました