ニット セーターやウールでチクチクする素材のかゆい原因や対策は

教養

寒い冬がやって来るとセーターの出番がやってきます。

暖かくていいんだけど、ウールやニットはチクチクして違和感があります。

それさえなかったらお気に入りなんだけどな~!

このチクチクさえなかったらいいのに。

そこで、今回は原因や解消の対策は?ニット セーターやウールでチクチクかゆい素材についてご紹介します。
ニット セーターやウールでチクチクする素材のかゆい原因や対策は

スポンサードリンク

ニット セーターやウールでチクチクする素材のかゆい原因

ではなぜチクチクするのでしょうか?

それは皮膚に当たるものがチクチクするのです。

ウールは皮膚に毛の部分が当たって違和感があるのです。

これによりアトピーを持っている方はかゆくなって来て、
チクチクした違和感だけでは済まなくなります。

でもウールであってもメリノ種など種類によっては
繊維が細い為に皮膚に当たりません。

でもお値段がチョットしますから、お金がかかります。^^:

ウールだけが皮膚に当たるかと言うと、カシミアも大丈夫です。

でもこれも高価な買い物になりますね!

結局毛の部分が皮膚に当たるために
チクチクした違和感があるのです。

ニット セーターやウールでチクチクする素材!値段や欠点

スポンサードリンク

チクチクしたものを着たくない場合は
ナイロン、レーヨンやポリエステルなどの、
化学繊維でできたものがいいです。

お値段もそんなにウールやカシミアより
安価になりますので助かります。^^

プロミックス、アセテートなどの半合成繊維や
キュプラ、レーヨンなどの再生繊維、
ポリエステルナイロン、アクリルなどの
合成繊維なども化学繊維と同じと言えます。

でもこれらの欠点があります。

冬ですから温かさを求めるわけですが、
温かさではウールやカシミアに劣るわけです。

温かさをとるかチクチクを避けるか難しい問題ですね!

ニット セーターやウールでチクチクする素材! かゆい対策は

チクチクを避けるか我慢するかどうすればいいのでしょうか?

実はもう一つ方法があります。

要は肌に毛が触れなければいいわけです。

インナーを着る方法です。

シルクや綿の素材であるインナーを着用するのです。

そうすればあの嫌な違和感を感じなくて済みます。

たったこれだけで、チクチクした
あの嫌な違和感を解消する事ができます。

襟元や袖までを覆うものにすればいいわけです。

また、襟元をカバーするものがない場合は、
首元をカバーできる「つけタートル」というのも
ありますから利用して見てください。

まとめ

とくに、タンスにチクチクするとタートルネックのセーターなどは
着られないので、しまい込んでいます。

柔軟剤を入れて洗濯したり、摩擦を静電気防止スプレーをして軽減させたり、
ボディクリームを体に塗ったりしてチクチクを解消してください。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました