髄膜炎 大人の症状は?無菌性髄膜炎症候群の治療法や予防は?

悩み

芸能人も掛かった事があった病気ですが、あなたは大丈夫ですか?

今回は髄膜炎 大人の症状は?無菌性髄膜炎症候群の治療法や予防についてご紹介します。

スポンサードリンク

髄膜炎 大人の症状は?無菌性髄膜炎症候群の場合はどうなるの?


無菌性髄膜炎症候群は、髄膜がウイルスなどによって
炎症を起こす病気の事を言います。

無菌性髄膜炎症候群の症状は、

嘔吐があったり、頭痛、発熱があったりします。

これだけだと風邪やインフルエンザと変わらない症状ですが、
症状がひどくなるとむくみや意識がなくなる場合が
ありますので注意が必要です。

辻希美さんも意識を無くしたのでしょうか?

一人で家にいる時だとちょっと心配になりますね!

まして、独身の一人暮らしだとこの病気になると
誰も助けてくれませんから、病院に入院した方が
安心かもしれません。

髄膜炎 大人の症状は?無菌性髄膜炎症候群の治療はどうするの?


無菌性髄膜炎症候群の治療をする場合は
入院の必要がある場合が多いのです。

嘔吐があったり、頭痛、発熱があったりしますから、
そうならない為の治療をしていきます。

普通は1週間から2週間あれば症状は緩和してきますが、
場合によってはもっと時間が掛かる場合もあります。

スポンサードリンク

髄膜炎 大人の症状は?無菌性髄膜炎症候群の予防はどうすればいいの?


無菌性髄膜炎症候群の予防は
インフルエンザの予防法に似ています。

無菌性髄膜炎症候群の多くは、エンテロウイルスに
よって引き起こされる場合が多く、
困った事に有効なワクチンはないんです。

人間の体は自分で治す自然治癒力と
言う力が与えられています。

それは免疫力でもあり、それがあるから病気に
なりにくいという場合も多いのです。

結核と言う病気がありますが、結核は別に普通の方は
問題がなくかかる事はないのですが、
高齢者など免疫力が低下された方がかかる危険が多いのだそうです。

インフルエンザと同様に、手洗い、うがいの励行が大事です。

手に着いたウイルスや喉に着いたウイルスを体内に入って
発病する前に排出してしまうのがいいのです。

まとめ

辻希美さんがかかった病気で、有名になりました。

忙しいサラリーマンも感染したら、入院を1~2週間
しなければ行けなくなりますから、大変です。

そうならないためにも予防が大事ですね!

うがい手洗いの励行を忘れないでください。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました