バレンタイン チョコのレシピ!簡単で安い かわいい おしゃれ!

バレンタイン

甘いものは美味しくてついつい食べてしまうのですが、食べすぎると、太ってしまうのがデメリットです。

今回はバレンタイン チョコのレシピ!簡単で安い かわいい おしゃれについてご紹介します。

スポンサードリンク

バレンタイン チョコのレシピ!簡単で安い!カロリーに気を付けて!

ヘルシーなチョコレートを渡すと喜んで受け取ってもらえそうですね。

じゃあ!ヘルシーチョコってどうやって作るのよ!

材料を工夫して作ればヘルシーチョコが作れますよ。

まず、太る原因の食材を控えたり、他のものに置き換えて作ります。

たとえば、砂糖、卵、乳製品バターを控えるまた、これらを使わずに作る
また、これらを使う時にはカロリーの低い物などに変えて作ります。

といったやり方でヘルシーなチョコが作れますよ!

カカオパウダーは栄養成分を持っていながら添加物が一切含まれていませんので、
カカオパウダーを使用して作るとカロリーオフ。

バレンタイン チョコのレシピ!簡単で安い!ヘルシーレシピの簡単方法

豆腐でヘルシーなバレンタイン!

豆腐生チョコってカロリーを半分でヘルシーなんですよ!

低カロリー低脂肪だとなんか物足りないようですが、
実に濃厚なんです。そして美味しくさっぱりとした後味のチョコレート。

購入する事もできますよ。でも愛情たっぷり、自分で作りましょう。

1.豆腐を水切りしたら混ぜます。細かく刻んだ板チョコ、豆乳バターを豆腐に混ぜ合わせ
レンジにかけます。チョコが溶けたらOK!

2.バットに流し込み、冷まして固まったら四角に切りココアパウダーをかければOK!。
低カロリーでヘルシーな濃厚な後味さっぱりのチョコレートの完成です。

簡単にしかもヘルシーな物が作れると嬉しいわ!

スポンサードリンク

バレンタイン チョコのレシピ!簡単で安い!バレンタインデーの歴史

でもバレンタインっていったい何なの?
その起源は?知りたいですよね!

バレンタインは、3世紀にローマで殉教した
キリスト教の聖人の名前、「ヴァレンティーノ」で、

当時のローマ皇帝「クラウディウス2世」は、
若者同士の結婚を禁じていたんだけど、
聖バレンタインは、若者達を憂いて密かに結婚させていたんですね。

バレンタインの処刑された日が ” バレンタインの起源 ” とされ、
現代でいうところの、2月14日でした。

イタリアでは、日本のように女性が男性にチョコを渡して
「愛の告白!」はしないし、女性が「義理チョコ」を男性に配りません。

バレンタイン チョコのレシピ!簡単で安い!チョコの種類

バレンタインのチョコは今、いろんな種類があって、本命チョコ、義理チョコ、友チョコ、義理チョコ
などなど色んな読み方、種類、分類があります。

●義理チョコは上司や同僚、友達など恋愛感情を伴わない異性に贈るちょっと寂しいチョコレート。
義理チョコはバレンタインに一方的に贈り、
プレゼントの相手は、義理チョコは男性です。

●友チョコは義理チョコも恋愛感情はないけど違いは一方的ではなく、お互いに贈りあうチョコレート。
友チョコはバレンタインにお互いに贈りあう事。

まとめ

バレンタインの本命チョコを渡すのは、やっぱり、渡す相手が好きだから!
だったら相手の健康を考えて、愛情たっぷりのチョコを心を込めて渡したいものですね!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました