お雛様 どっちの親が買う?初節句のお祝いで女の子のプレゼント!

初節句

初節句で買うのは是非私がと誰もが思うはずなのです。

今回は初節句のお祝いで女の子のプレゼント!雛人形 どっちの親が買うのかについて御紹介します。

スポンサードリンク

初節句のお祝いで女の子のプレゼント!雛人形 どっちの親が買う?


女の子の初節句は一般的にベビーの
お母さん側の祖父母が買うようです。

でもこれは、それが多いという事で、
必ずそうしなければいけないわけではありません。

嫁ぎ先の祖父母もお母さんの実家側の祖父母も孫は
かわいいのでどちらも買って上げたいものです。

ただ、雛人形は高価なものが多く、金銭的に
余裕がないと買って上げる事は難しいです。

現在年金だけで生活していくのは
難しい時代になりました。

自分たちだけ食べて行くのもなかなか大変です。

できれば、仕事があり体が動くうちは
頑張らないといけないのです。

そうなってくると、お互いに譲り合って
しまうのは分かる気がします。

かわいい孫の為になんとかしたい気持ちはあるのですが、
先立つものがないとどうにもなりません。

ですから、現在は買える方が買うといいと思います。

ただ、やっかいなのは、どちらも買うと譲らない場合です。

「孫の為に雛人形を買うのは私だ!」と譲らない場合。

その時は買ってもらってありがたいのですが、
こっちを立てればこっちが立たずという
状態になってしまいます。

その時は、事情を言って、お金をどちらからも
頂くのがいいかも知れません。

そしてお父さん、お母さんで気に入ったものを買いましょう。

そして余ったお金は今後のベビー用品に使わせてもらうのです。

そうしたらどちらの祖父母もなっとくするはずです。

ただ、お金だけ頂戴というのはいいずらいものですが、
ちゃんと真摯に説明すればきっと分かってくれるはずです。

だってお互いの両親なんですから!

間違っても両方から雛人形を
買ってもらわないようにしてくださいね。

雛人形は置く場所や収納場所を結構取りますし、
しまうときも結構労力が入りますからね!

また、人形が何体も家に入るとなんかちょっと
怖いと子供によっては思うようなんですね!

よく人形には魂が宿ると言いますが、
夜トイレに行く時がちょっと怖い。

初節句のお祝いで女の子のプレゼント!雛人形が怖いくて駄目と言う方は


雛人形は昼間はいいのですが、夜がちょっと怖いものです。

スポンサードリンク

「なんかこっち見てない?」って感じ!

雛人形は結構リアルなものが多く
市松人形やわらべ人形、段飾りの雛人形など。

現在はこのようなリアルな雛人形の他にアニメの
キャラクターを使った雛人形もあるんです。

これなら、夜トイレに行くときに
怖くならなくていいかも知れません。

アニメのキャラクターなら怖がる方は
いないでしょうから安心です。

そして子供が大人になった時も、
部屋に置いて違和感がないと思います。

リアルな方は古くなってくると
もっと怖さが増して来ます。

ですから是非、キャラクターの方を
選んでやってください。

お値段も安価で安心です。

初節句のお祝いで女の子のプレゼント!雛人形は買わなくていいの


雛人形は別に買わなくてもどうなるものではないですが、
これは子供の気持ちを考えると買わないわけにはいかないですね。

そして祖父母や両親の子供を思う気持ちが
買わない事が許せないはずです。

かわいくてしょうがないですから、
子供が喜ぶ顔が見たいですし、
大きくなった時に雛人形も
飾ってもらわなかったと言われてしまいます。

日本にはいろんな行事があってそのたびに
お金がかかりますから、お金に余裕がなければ
そうそう簡単に買う事はできないはずです。

でもそれは気持ちですから、本当はなんでもいいんです。

おもちゃもいいかも?

ドラマの「北の国から」で五郎がプレゼントにかぼちゃを
持ってきたシーンがありましたが、多くの方が涙したはずです。

ようは気持ちですから、もしお金がなければ、
折り紙で折って飾ってもアリだと思います。

きっと、愛情たっぷりに育った子供は、
その折り紙を大事にすると思いますよ!

折り紙アリです。

まとめ

初節句は女の子にとって大事な行事です。

雛人形と共にすくすくと元気に育って欲しいものです。

色んな方、祖父母や両親などすべての方に
感謝して生きて行きたいものです。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました